MENU
【初訪問の方へ】車の維持費見直しポイントはこちら >>

車両保険はエコノミー型で十分?一般型と徹底比較してみた

車両保険はエコノミー型で十分?一般型と徹底比較してみた

車両保険はエコノミー型で十分なんじゃないの?

このように感じている方もいるはずです。

しかし、ただ単に「安いから」という理由だけでエコノミー型にするのは早計です。

というのも、以下のように、エコノミー型で補償できないトラブルもたくさんあるから。

スクロールできます
補償内容一般型エコノミー型
他車との接触・衝突〇 ※
落書き・いたずら
車両盗難
台風・竜巻
洪水・高潮
ひょう・あられ
火災
当て逃げ×
転覆・墜落×
単独事故×
自転車との接触×
一般型とエコノミー型の補償内容を比較
※…相手の車両番号を確認できたときだけが対象

とはいえ、補償内容が不安で「一般型」を選んだとしても、インズウェブのような「自動車保険一括見積もりサイト」を活用すれば費用を抑えることができます。

そこでこの記事では、エコノミー型と一般型を徹底比較し、それぞれおすすめの人を紹介します。

最後まで読むと、どちらが自分に合っているかがわかりますよ!

筆者のかんたん自己紹介
  • 機械工学出身、元自動車部品メーカー勤務
  • 愛車で関西から北海道まで行くほどのドライブ好き
  • 愛車遍歴や様子は別ブログにて公開中!
目次

車両保険はエコノミー型で十分?比較してみた

車両保険はエコノミー型で十分?比較してみた

車両保険はエコノミー型で十分かどうか、補償内容や保険料、使える状況などをこの章で比較しました。

補償内容

まずは「補償内容」についてです。

最初に紹介しましたが、改めてもう1度比較表を見てみましょう。

スクロールできます
補償内容一般型エコノミー型
他車との接触・衝突〇 ※
落書き・いたずら
車両盗難
台風・竜巻
洪水・高潮
ひょう・あられ
火災
当て逃げ×
転覆・墜落×
単独事故×
自転車との接触×
一般型とエコノミー型の補償内容を比較
※…相手の車両番号を確認できたときだけが対象

エコノミー型は自然災害や車両盗難、車同士の事故(相手が特定できた時に限る)といったように「相手がある場合」のみ保障されます。

そのため、自損事故や転覆・転落は補償の対象外となるので、運転に自信のない方は不安になるかもしれません。

保険料

続いて、気になる方も多いであろう保険料です。

チューリッヒの公式サイトによれば、エコノミー型と一般型の保険料は年間で以下となります。

スクロールできます
車種エコノミー型一般型差額
N-BOX109,170円134,570円25,400円
フリード112,860円169,870円57,010円
シエンタ108,940円162,930円53,990円
引用元:チューリッヒ公式サイト

【契約内容・条件など】

保険始期日:2022年7月1日|対人賠償:無制限|対物賠償:5,000万円|対物超過特約:無制限|無保険車傷害(人身傷害保険にて無制限で補償)|人身傷害保険(車内・車外補償):3,000万円|人身傷害定額払保険:1,000万円|免責ゼロ特約:なし|車内身の回り品特約:最高10万円(免責金額1事故につき5,000円)|ファミリーケア特別見舞金特約:あり|他車運転危険補償特約(人傷型):あり|被害者救済費用補償特約:あり|初度登録年月:2022年7月|使用目的:日常・レジャー|年間予定走行距離:3,000km以下|福岡在住|記名被保険者年齢:22歳|21歳以上補償特約|男性|ブルー免許|ノンフリート等級:6等級|運転者本人・ 配偶者限定特約

引用元:チューリッヒ公式サイト

元の保険料が高いのは、等級や特約などの影響も大きいですが……年間で数万円違うのは、正直お財布に痛いですよね。

「くるライフ」運営者 じんと

安さだけでエコノミー特約を選びたくなるのもわかります……。

使える状況

一般型で補償されて、エコノミー型で補償されないのは、以下のようなケースです。

特に「当て逃げで補償されない」のは注意すべきポイント。

以前、当て逃げはドラレコがあっても捕まらないのはダウト!経験談を交えて紹介という記事を書きましたが、「証拠が少ない」という理由などで捕まらないケースもゼロとは言えません。

自分に非がないのに修理費は自腹……なんて悔しいですよね。

そんな思いをしたくない人は、一般型を選んだ方がいいでしょう。

余談ですが、一般型、エコノミー型ともに地震や噴火、津波は補償の対象外です。注意してくださいね。

車両保険がエコノミー型で十分な人・そうでない人

車両保険がエコノミー型で十分な人・そうでない人

ここまでの内容を踏まえて、車両保険がエコノミー型で十分な人とそうでない人を紹介します。

エコノミー型で十分な人

以下のような人は、エコノミー型で十分だと言えます。

  • 運転に慣れている人
  • 車のローンがない人
  • 車に乗る頻度があまり多くない人
  • 車両保険の補償金額が安い人(10年落ちの車など)

エコノミー型だと不十分な人

一方で、以下のような人が安さだけでエコノミー型を選ぶと、後悔する可能性が高いです。

  • 運転にあまり慣れていない人
  • ローンが残っている人
  • 通勤や買い物で車を使う人(当て逃げされるリスクがある)
  • 新車など補償額が高い車に乗っている人

車両保険がエコノミー型で十分じゃなかったときに費用を抑える方法

車両保険がエコノミー型で十分じゃなかったときに費用を抑える方法

車両保険がエコノミー型で不十分だったとしても、維持費はなるべく抑えたいですよね。

そんなあなたにおすすめなのが「自動車保険一括見積もりサイトの活用」です。

一括見積もりサイトを使うメリット
  • 車や運転者の情報を入力しただけで、保険料の見積もりができる
  • 複数社の保険料を同時に見積もれるので、価格の比較がしやすい
  • 時間帯を問わず見積もりできる

特にインズウェブは、下の画像のようにシンプルでわかりやすいフォーマットが好評。初心者におすすめのサービスだといえます。

この機会にぜひ、活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ:車両保険がエコノミー型で十分かどうかは使い方次第

まとめ:車両保険がエコノミー型で十分かどうかは使い方次第

この記事では、車両保険がエコノミー型で十分かどうかについて解説しました。

この記事のまとめ

車両保険におけるエコノミー型と一般型の違い

  • エコノミー型だと相手がいない事故の修理が補償されない
  • 年間保険料はエコノミー型の方が数万円安い
  • エコノミー型だと当て逃げは補償対象外なので注意が必要

車両保険がエコノミー型で十分な人

  • 運転に慣れている人
  • 車のローンがない人
  • 車に乗る頻度があまり多くない人
  • 車両保険の補償金額が安い人(10年落ちの車など)

車両保険がエコノミー型だと不十分な人

  • 運転にあまり慣れていない人
  • ローンが残っている人
  • 通勤や買い物で車を使う人(当て逃げされるリスクがある)
  • 新車など補償額が高い車に乗っている人

エコノミー型はたしかに安いですが、その分補償もかなり限られてきます。

値段だけでエコノミー型にするのではなく、「本当にエコノミー型で十分なのか」を考えてから、契約するのがおすすめです。

そのうえで一般型で上がった保険料を押さえたいという人は、インズウェブなどの「自動車保険一括見積もりサイト」を使って、少しでも安く抑えましょう!

この記事があなたにとって、後悔のない保険選びのヒントになれば嬉しいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

関連記事:自動車保険でいらない補償とは?必要な保障は?ドライブ好きが本音で紹介

関連記事:自動車保険はいつ見直しするべき?節約ポイントとあわせて解説

車両保険はエコノミー型で十分?一般型と徹底比較してみた

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次